カタログギフトでみんなHAPPY!~誰もが喜ぶ結婚式に~

ギフト

引き出物を選ぶ際には

引き出物は用途を考えましょう

プレゼント

引き出物は贈る人の個性が見られます。工夫することで相手に与える印象が変わってくるだけでなく工夫次第で逆に引き出物をもらうときにも相手が自分のことを考えて贈ってくれるかもしれません。例えば贈る相手によって金額や品物を変えることです。ただし渡すときは同じ袋などで周囲にわからないようにします。次に手荷物が増えることを考えて引き出物宅配サービスがあります。結婚式で2次会など続けての参加があるときは手荷物は困るので便利ですし、引き出物代を安くすることも可能になります。選ぶ品物はタオルなど日常使用し消耗するものが相手に負担をかけません。大きな置物等は好みが分かれるので避けましょう。手作りの物を入れたりすれば心がこもっていますし、値段も安く済みます。

コンパクトな品物が選ばれています

昔の引き出物は結婚式の場合だと親族で話しあったりしてその地域の相応値段内で品物を選びそれを渡していました。現在はカタログギフトで好きな物を選んでもらうのが主流になっています。逆に贈る側が選ぶセレクトギフトもあります。また高級旅館の宿泊や高級カフェなどの体験ギフトもトレンドです。引き出物と一緒に有名な所のスイーツを贈るのも現在では見られます。地域の特産品を引き出物にして印象を残す贈り主もいます。子供がいる贈り相手にはおもちゃを贈ったり、今までの思い出に関係のある記念品というのも現代らしさがあります。結婚式の引き出物として昔は良くないとされた食器も今はブランド品など自分では購入しない食器が料理をする人などに好評です。